そもそも中学受験とは

中学受験を実施する学校を大きく分けると、私立中学、そして中高一貫教育校に分ける事ができます。私立中学は学力テスト、中高一貫教育は学力テストと同じようなものですが、適性検査という試験が行われています。私立中学また一部地域となりますが、国立大学付属中学の受験については、国語、算数、理科、社会の4科目試験、国語、算数の2科目試験があります。

学校によって科目数に違いがありますが、最近は多くの学校が4科目入試を行っています。4科目試験と2科目試験を選べるという学校も存在していますが、2科目試験がかなり難しくなるという事もあり、4科目試験を選択されるお子さんが多いです。

いずれにしても、中学受験はどの学校もかなりの難易度で、小学校で教育を受ける範囲内ではなくそれ以上の範囲、つまり先取り教育が必要となってきますので、どうしても独学では勉強が追い付かないといわれている難しい試験です。塾などでは中学受験に特化したプランを設け、各中学の受験傾向に沿った対策を練っています。

中学受験は子供、親、ご家庭でしっかり前向きに取り組んでいく必要があり、長期プランで学習スケジュールを計画していくことが重要となってきます。塾や家庭教師などを利用し、中学受験に備えていくことが一般的です。