なぜ中学受験がある学校がいいのか

中学受験を実際に経験されたご家庭に聞いてみると私立中学や中高一貫教育など独自の教育を展開する中学の魅力は尽きません。公立中学との大きな違いをしっかり指摘される保護者もおり、私立中学など中学受験という難関がある学校であり、費用も公立よりかかる学校であっても、非常に満足度が高いと理解できます。

公立中学と何が違うのかというと、一番にいわれていることが、学校側が生徒に対して非常に面倒見がいいという点です。公立中学ではそれほど生徒の生活に介入してこないようですが、私立中学は違います。「大切なお子さんを預かっている」という意識が学校側、教師側に非常に強いのです。

またこれは当たり前のことですが、勉強する施設、運動する施設など設備、環境が非常に整っているという事も魅力です。公立中学の中にはいつまでも体育館の照明すら修繕しない学校がありますが、私立中学ではそういったこともなく、常によい状態が保たれています。図書室や学習室なども機能的な作りになっているところが多いです。

中学受験で終わりではなく、お子さんにはその先に高校、大学への進学があります。私立中学も中学、高校と連結しているところが多いので、高校受験はしないというお子さんも多いと思いますが、大学受験についても、常に先取り教育を行うため、受験勉強を行う時間がたっぷりあり、公立中学よりもずっと有利といわれています。