大学までそのまま進学

中学受験を経てそのまま私立中学、同じ私立高校へ進む場合や、中高一貫教育校へ通う場合にも、途中で進路変更し違う高校への受験を考えるお子さんもいます。保護者の意思とは違う方向へ行くわけですが、この場合でも、私立中学では先取り教育が実践され、高校受験の勉強をしっかり行う時間が設けられていますので、志望校への受験に向けて勉強を頑張る事ができるでしょう。

中学受験を行う事で、高校進学時の受験、大学進学時の受験などを受けずにそのまま進学してもいいように、という気持ちで中学受験にチャレンジさせている保護者が多いです。私立大学付属中学に中学受験で合格し、一定の成績を保っていれば、そのままストレートで進学できるという大きな利点がありますので、中学受験だけ頑張ってもらえば、後はお子さんがその先の事を考えていけばいいと中学受験を考えている方がほとんどです。

私立中学は部活動もレベルが高いところが多いので、スポーツでも有名なところがかなりあります。野球、サッカー、バレー、バスケット、陸上など多彩な部活がありそれぞれ、文武両道を心に頑張っているため、中学受験だけ頑張っていければその先は部活など学校生活を存分に楽しみ、よりよい友人関係なども築いてほしいと願っている保護者の意見も多く聞きます。