高校・大学受験に対する裏ワザ?

私立中学や中高一貫教育校を受験する事のメリットはとても多いのですが、中学受験は大学受験に対する裏ワザ的な位置にある事も理解しておきましょう。私立中学は私立大学の付属校であることが多く、また私立中学・私立高校と連結している学校がほとんどです。そのため、私立中学の多くは中高一貫教育校と同じ質をもっています。

私立中学を受験する事がとても難しく大変という事がありますが、中学受験で合格してしまえば、質の高い教育が受けられるという事に加えて、余裕がある学習ができます。余裕がある学習とは何か?というと、受験体制を確立できる学習です。

公立中学に行った場合、進学を考えれば必ず高校受験があります。公立中学では国の教育方針に沿って教育が進められていくため、1年、2年、3年と教科書に沿って授業が進められていきます。中学3年時の受験体制になっても消化していく学習プログラムがあるため、受験勉強と並行して学校の授業も頑張らなくてはいけません。

これに対して私立中学などではそのまま同じ系列の私立高校へ進学する事ができますし、もしほか高校へ進学を考えたとしても、公立とは違い1年生、2年生の段階で通常公立中学で行う3年時の教育が修了していますので、高校受験の勉強を3年時に時間をかけて行う事ができます。大学についても同じです。中学受験を行うということ自体が、受験に対する裏ワザとなる事を理解しておきましょう。