子供の様子をしっかり見る事

中学受験は小学生がチャレンジする試験です。小さい頃に幼稚舎の受験などの経験があっても、自我をしっかり持って試験にチャレンジする中学受験は、初めての経験といえます。中学受験はとても難しく、公立小学校の授業レベルではなく、その上のレベルの学力が必要となるため、中学受験を目指すお子さんは、塾はもちろんの事、自学、学校の勉強など他のお子さんよりもずっと頑張って勉強しなければならないのです。

そこで、保護者がポイントとなります。ポイントといってもお子さんに勉強を教えろという事ではありません。今は今の教え方があり、保護者が問題を解く事ができても昔とは解き方が違う事も多いですし、方程式などを利用せず小学校で習う事を基本に解くことが必要となるため、保護者が教えてしまうと間違いとされてしまう事もあります。では何をすればいいのか、というと、お子さんの自学の時間、そばで何をしているのか観察してあげてください。

じっと見るのではお子さんも嫌でしょうから、リビングなどで学習している際にどんなふうに勉強しているのかその様子を見て上げてほしいのです。観察しているうちにお子さんが勉強に対する取り組み方などの問題点がわかってくるかもしれません。努力していることを見てくれているとお子さんが理解すれば、勉強する事の意欲、また頑張っていることを理解してくれている安心感があり、集中して学習する事ができるでしょう。