塾で消化しきれないことは自学で

中学受験では塾に行くことが当たり前の世界です。中学受験をしないにしても、今は小学校の4年生辺りから地域の塾などに通う事が一般的ですし、高校受験を目指し進学塾へ通うお子さんも多数存在しています。

中学受験では小学校の授業、教科書で指導を受ける内容よりもさらに上の勉強が必要です。私立小学校へ通っているお子さんは先取り教育を受けている子が多いので、塾の進みについていけないという事は少ないかもしれませんが、公立小学校のお子さんの場合、塾の進みが早くてついていけない、学校で習っていることではないので難しいなど戸惑う事も多いでしょう。

塾で付いていけない、消化できないという部分があれば放っておくわけにいきません。消化できない分は自宅学習でしっかり予習復習し、次の塾の授業までにきっちり自分のものしておくという事が重要となります。自学を行うと行わないでは、塾での理解度が全く違ってくるのです。

お子さんによっては進学塾の進みについていけない分、家庭教師を利用する等、進み具合に合わせて学力をアップするための行動をとっています。塾で行う指導は中学受験に特化したものが多いので、授業で後れを取らない工夫も、裏わざの一つといえます。