塾のテストで学力向上させる秘訣

塾で行われるテストは中学受験を目指すお子さんにとって、成績の指針となるものであり、私立中学に入ってから多くなる学校での試験に対応していくためのものといっても過言ではありません。もちろん、中学受験のための塾ですから、このテストをきっちりこなし、常に成績上位であることを目指すということが大切です。

大手進学塾などでは大まかにいうと1週間おき、1ヶ月おき、3ヶ月おきのテストを行い最終的に中学受験合格判定のための総合テストを行うというスケジュールを組んでいます。中学受験で合格するために、これらのテストで平均点以上の高いレベルの点数をゲットしておくことが求められます。

ただ、この中学受験のための塾が行うテストというのは、当然中学受験で出題されるような難解な問題が羅列されていますので、難しいの一言です。大人が見ても難しい、なんだこれは?と思うのですから、お子さんは必死に努力してこそ、やっと上位に食い込めるといった状況でしょう。

テストの点数をあげるためには塾で習ったことをいかに自分のものにするかが決め手となります。そのためには塾から帰宅して行う自学学習、さらに翌日の朝、理解度が正確かどうか判断するための繰り返し学習が効果を発揮します。

塾で行ったことを授業だけで理解したと考えず、帰宅時、翌日の朝にもう一度同じ問題を解いてみることで理解度がぐっと深まります。