合格するための大きなポイント

中学受験では私立小学校にいっている子、また、小学校低学年から進学塾など中学受験に備えて早く行動に移したお子さんが有利といわれます。なぜ有利なのかを知るためには、中学受験の出題傾向を理解する事が必要です。

各中学が行う選抜試験の内容は、それぞれの中学で違いがありますが、多くは難解なものが多く、特に難関校、御三家と呼ばれる人気校は非常に難しい問題が出題されています。小学生が受ける試験なのに中学で習うようなことがぼんぼん出てくるのです。

こうした難しい問題を小学生で指導される教育の中で解くことが必要なのですから、非常に難解になります。方程式を利用しない、中学で習う公式を利用しない、小学校で習う算術で問題を解くといった算数などは中学受験の中で最も難関といわれる科目です。

こうした難しい問題が出題される中学受験に合格するためには、いち早く志望校の合格圏内に入っておくことです。早く合格圏内に入っていれば、後は出題傾向に合わせて能力を磨いていくという作業になります。またテスト形式で問題を解くなど、具体的な受験体制に早く入れるのです。

合格圏内に入るためには塾の授業スピードに慣れること、テストの平均点をしっかり向上させること、そして志望校を早く選定し、受験傾向に合わせた問題を数多くこなす事などです。これらを達成するためには、お子さんの学力をよく理解し、お子さんの能力にあった学習指導を考えていく、ということが重要となります。