塾に入る前に準備をしておこう

塾のスピードが速くてついていけない、勉強する時間に集中できない、こうしたお子さんが多くなっています。保護者の中には早くから中学受験を考慮され、お子さんが低学年のうちから、学習する時間を生活の中に組み込んでいます。また私立小学校などでは先取り教育を行っているため、例えば小学校4年生から進学塾に通っても、ついていけない、今やっているところを習っていないのでわからないという事がありません。

低学年のうちから勉強中心の生活を、という事ではなく、低学年から毎日学習する習慣づけを行う事が大切なのです。小学校に入ったら宿題と、明日授業で行う科目の予習、復習をしておこうね、遊びに行く前に勉強を終わらせようね、という程度でもいいでしょう。できれば親御さんと一緒にリビングなどで、お勉強する時間を過ごしてください。

勉強は毎日行うもの、学校から帰ったら宿題をやって予習復習を行うもの、と思っているお子さんと、宿題さえ「かたづければ後は自由」と思っているお子さんでは、高学年になった時の勉強の取り組み方が違ってきます。

進学塾に入る前から、勉強する事の大切さ、習慣づけを行っておくことで、塾生活へスムーズに移行できるようになります。