補習塾を有効に使う

親御さんが中学受験を考えていても、お子さんの学力がついていけていないという事は多々ある事です。公立小学校のお子さん、それも成績が上位ではないお子さんに、いきなり中学受験に特化した進学塾へ行って勉強しろと言っても多分授業内容はちんぷんかんぷんでしょう。

進学塾では中学受験を行うために、先取り教育を行っていますので、同じく先取り教育を実践している私立小学校のお子さんなどはついていけるかもしれませんが、公立小学校で特に自学なども行わず普通の成績で過ごしてきたというお子さんにはかなりきついです。そのため、まず、基礎学力をつけておくという事が大切になります。

進学塾では基礎学習ができていることが当たり前の世界です。特に小学校4年生くらいの進学塾では基礎ができていることを前提として授業が進められていくため、基礎学習がきっちり身についていないお子さんは、進学塾に行く前に補習塾や個別指導塾を利用し、基礎をみっちり仕込んでいかなければなりません。こうした準備を行わずに進学塾に通わせるのはお子さんがかわいそうです。

補習塾は地域に昔からある塾で、学校の授業の予習復習を基本として指導している塾です。学校の教科書は基礎学力を定着させるためのものなので、こうした補習塾や個別指導塾を利用して、基礎学力をしっかり向上させましょう。もし、小学校5年など受験まで間がない、という時には、基礎学力向上の為個別指導塾を利用し、ある程度基礎学力がついてきたら、進学塾の中でもう一段階上の学習を目指していくといいでしょう。