苦手科目克服は個別指導塾

誰しも苦手科目がありますが、御三家、超難関校クラスの中学受験を考慮されているお子さんは、苦手科目があるといっても平均点以上をとっています。難関中学や御三家などの超難関中学受験では、どの科目もある程度の点数が取れていないと、合格は難しいのです。そのため、苦手科目の点数を向上させる学習、さらには苦手科目を克服する勉強を考えなければなりません。

今進学塾に通っているお子さんは得意科目の授業もありますので、そのまま指導を受けましょう。その中で苦手科目があるようなら、別の塾に通う、また進学塾で個別指導を行っているようならそれを利用し、苦手科目を集中的に勉強します。

またこれで終わりではなく、自学の時間でも苦手科目を重点的に行い、まず進学塾で行うテストの平均点まで持っていく努力をしましょう。平均点まで持っていけるようになると、その科目が理解できてくるため、勉強する事も楽しくなっていきます。苦手科目が得意科目となるお子さんも少なくありません。

苦手科目はやはり勉強したくなくなりますので、個別学習など費用がかかりますが、中学受験郷学のために必要な事と考えておきましょう。中学に合格した後も、苦手科目を克服していけば、授業についていけないという事もないので安心です。