復習に力を入れること

塾の授業にしても学校の授業にしても、自学で予習復習しておくことが重要です。塾の授業スピードが速いところはなかなか授業についていくことが難しいというお子さんも多いので、予習も大切なのですが、復習をしっかり行う事が効率よく中学受験のための学習を行う秘訣です。

進学塾にもよりますが、予習ありきで授業を進めるという所もあります。塾で行う授業の前に予習してくることがお約束で、予習をしてくることを前提に授業を進めていくので、必然的に予習をするようになります。予習する事は当たり前で、その上で講師の話をしっかり聞き理解を深める、そしてその内容を自分のものにするためには復習が重要なカギとなります。

多くの塾では宿題を出しますが、これは、必ず塾で行ったことに対して復習をするように宿題を出すのです。宿題の結果をみれば授業で指導された内容の理解度、習熟度がはっきりわかります。この後、1週間で指導した内容のテストを行い、さらに習熟度の確認を行うわけです。

宿題だけで理解があまりできていない、不安というお子さんは宿題と別に自学時間で再度指導を受けた内容を見直し、繰り返し問題を解いてみます。そうすることによって授業についていけないという事もなくなっていくでしょう。