体力を考えることも重要

小学校年代は体力にかなり差があります。塾に通う事にすぐ慣れるお子さんもいれば、なかなか慣れないお子さんもいます。高校受験や大学受験と違い、中学受験は小学生が目指す受験となりますので、体力的な問題もしっかり考えておくべきです。

中学受験を目指して塾に通うようになると、行き帰り、また学校以外に授業を受けるという緊張感でかなり疲労します。塾に通う生活リズムをいち早く定着させ、そのリズムを崩さないように中学受験に備えていくことが重要です。

学校には春休み、夏休み、冬休みと長期休暇があります。中学受験を目指すお子さんは、この長いお休みの時期も、生活リズムを崩さずいつものように生活するという事を心がけていくことが大切です。お休みだからと朝遅くまで寝ていたり、夜遅くまで勉強する等すると、リズムが崩れ睡眠もうまくできなくなってしまいます。

栄養バランスのいい食べ物を食べる事、睡眠時間を平均的に取ること、学習時間などを決めてスケジュールを守る事などを行い、お子さんの体力保持に努めましょう。中には受験時に体調を崩してしまうお子さんも多く、本番に力を発揮できないことも多いです。そうならないように保護者はしっかりサポートしていきましょう。