中学受験は基礎から

中学受験では塾や家庭教師、個別指導塾などが基本といわれていますが、学校の授業と自学のみで合格を勝ち取ったお子さんもいます。本当に教材などを利用せず授業と独自の自学だけで合格を勝ち取ったというお子さんは少ないと思いますが、自宅で教材をとにかくしっかり行うという事で、塾に行かず合格したというお子さんは思ったより多いと感じます。中学受験を志すお子さんじゃなくても、その後、高校、大学へ進学する際に役立つ「勉強の仕方」を理解しておくと自学に役立ちます。

まず、基礎学習は徹底して行う事が重要です。特に算数、国語は徹底的に基礎知識を習得してください。算数の特殊算、国語の文章を読む力、問題の意図を理解する力などを徹底して磨きます。もちろん社会、理科も基礎知識を養っておきます。基礎知識はただ一通り行うのではなく、習得から定着まで持っていくことが大切です。基礎知識を身に着けておくことができないと、その次のステップを踏むことができません。

基礎知識を自分の中にしっかり定着させたら、次に応用していく、その基礎知識を利用して問題を自分の能力で解くという鍛錬が必要となります。こうしたステップをしっかり踏んだ学習ができるかできないかで、合格への道は変わってきます。