過去問の間違いをそのままにしない

過去問は繰り返し学習、また中学受験間近になってより一層利用したい教材ですが、ただ過去問を繰り替えし解くという事ではなく、解けなかった問題にこそ注目しなければなりません。中学受験の勉強をうまく行っているお子さんの多くが、過去問の間違いこそ注目し、しっかり解けるようになることが大切と考えています。

過去問題を解いて×があっても解答を確認し、なるほど、こういう事か、ではいけないのです。もう一度チャレンジしてみて、自分の考え方におかしい部分がないか確かめてから解答を確認、その間違えた過去問題を確実に自分で解けるようにします。

×があった部分の繰り返し学習が終わったら、またその×があった問題のテキストを最初からやってみて、他の問題と一緒に解いた時にも問題なく解けるかを確認してください。過去問もただ繰り返し行えばいいということではなく、間違いをただし自分の力で解けるようにするという事が大切なのです。

繰り返し学習をしっかり出来るお子さんは、間違った問題ほど得意問題になっていきます。繰り返し解いた問題は自分の知識の中に刷り込まれていきます。過去問題の×は放っておかず、必ずやり直しを行う、自分で解けるようになるという事を行ってください。